HOME 会長方針 委員会組織&会員構成 年間クラブ日程 クラブ会報&ロータリー誌 IDとパスワードが必要です
これまでの活動を
写真と共に紹介 クラブ概要&沿革 ロータリーについて ロータリーの歩み 新会員募集 リンク
弾丸道路
札幌と室蘭を結ぶ国道36号線の札幌~千歳間の呼称。その由来は戦後間もない昭和28年頃に遡ります。この道路は、幅員7.5m、最高設計速度時速75kmという当時としては画期的な高規格道路だったのですが、34.5kmもの延長をたった13か月の突貫工事で完成、すなわち弾丸のような工事で完成させたということから「弾丸道路」と呼ばれるようになったと言われています。しかし、この説には異論もあり道路の緊急整備の目的が、朝鮮戦争の中、米軍の出撃基地だった千歳飛行場と札幌市内真駒内の米軍キャンプとを結ぶ軍用道路としての利用だったため、占領軍の弾丸を運ぶ道路ということから「弾丸道路」と呼ばれるようになったという説もあります。この「弾丸道路」は、北海道では初めての本格的な長距離の舗装道路だったことに加え、当時、全国的に主流だったコンクリート舗装ではなく、積雪寒冷地に適したアスファルト舗装にチャレンジし、現代に至る舗装技術の転換の契機となりました。
写真上段:千歳橋付近   下段:千歳神社鳥居付近(撮影/昭和33年頃)
2019-2020年度 活動現況
主な例会、事業などを、写真を中心に掲載しています。
対象年度の数字を"CLICK"すると、該当年度のページをご覧頂けます。
2019-20202018-20192017-20182016-20172015-20162014-20152013-2014
2012-20132011-20122010-20112009-20102008-20092007-20082006-2007
2005-20062005年以前
画像を"CLICK"すると、該当項目の詳細ページをご覧頂けます。
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・